CONCEPT HOUSE 設計・使用ルール

   




    





絶対に譲れないものがある。でも少し位なら我慢できるものもある。ライフスタイル、デザイン、性能、安全性は譲れないけど部分的な形やサイズは少しくらい決まりがある方がコストも抑えられてムダに時間もかからなくて良い。単に安くすることを強調した住宅なら世間に溢れています。でも、それでは意味がありません。100人100様の個性や高い品質はとても重要です。どこでコストを抑えるのか考えた時 一定のルールを設け、合理化することで実現しました。
設計にもこだわった、構造も安全で強い、間取りや使用も大満足!! そんな思い通りの家なら予算がかかってしまうのは当然と言えます。でも、それを一定のルールをつくり、守ることでコストを軽減できるのです。
建築費を上げているのは材料のムダ使いや、購入の手間、職人さんの手間、工事期間の延期化などです。その部分のムダを徹底的に減らすルールを設けることで、高いクオリティーとコストダウンを実現しました。
選べる建物の大きさ

何人で生活されているかなどお家に欲しい広さは様々です。
ご要望の多い30坪前後を中心に20坪~40坪まで幅広い大きさのお家をお選びいただけます。

   

ムダのないシンプルな形

同じ大きさの建物でも建物の形によって家をつくるコストは変わってきます。
次の2つを比べてみてください。

   

メンテナンスを容易にした住まいづくり

スケルトン・インフィルとは建築方式の1つで、後から動かすことのできない壁や柱や梁と言った骨格の部分を「スケルトン」 住居内の内装や設備機器等、後から交換可能な部分を「インフィル」と呼び、この2つを分けて考える事によって間取りの自由度を高くし、ライフスタイルや家族の成長に合わせて自由にお部屋を変えられ、メンテナンスを容易にした住まいづくりのことです。
オープンな間取りを標準とし、欲しいところに壁や窓を配置できます。


                  

分かりやすい価格

このようになります。固定費とは必ずかかる費用、変動費とは活動により増減する費用の事です。家づくりにおける固定費と変動費とは何でしょうか?家計と同じような事が家づくりにもあてはまります。



このように表すことができます。これをグラフであらわすと