SuMiKa / 松岡住研

ブログ

家を建てることをゴールに設定していませんか?

2020.05.12

『別の会社でライフプランのシュミレーションもした結果、“9万円ぐらいなら返済大丈夫ですよ”と 言われたんですけど、やっぱり9万円も払わないといけなのか…と考えると、将来のこともあるし、不安で…不安で……もうちょっと予算を抑えることは難しいんでしょうか?』 このお客様は、共働きで、かつご夫婦ともに、安定したいわゆる良い会社に勤めていらっしゃいます。ですから、客観的に見てみた場合、9万円ぐらいの返済額はごく一般的であるがゆえに、このお客様にとっても決して無謀な額ではないと判断されてしまいます。 しかし、家づくりをされる多くの方がそうであるように、毎月9万円も住宅ローンで返済していくとなると、やっぱり不安で不安でたまらないものですよね? おはようございます。smikaのマツオカです。 例えば、9万円の返済額から住宅ローンの借入額を計算すると、選ぶ住宅ローン商品の金利によっても違ってきますが、平均すると約3000万円ぐらいの住宅ローンを借りることが出来ます。そして、これに自己資金を足した額が、あなたの家づくりの総予算となるわけですが、3000万円以上も予算があれば、あなた自身にとっても、そして住宅会社側にとっても、家づくりをするには、かなりゆとりがある状態となります。 例えば、それだけの予算があれば、家そのものに2000万円ぐらいお金をかけることが出来るようになりかなり理想に近い家を建てることが出来るようになるでしょうし、土地に関しても、かなり理想に近いの土地を、手に入れることが出来るようになるでしょう。 しかし、今後のことを考えると、果たしてそれは正解なのでしょうか? おそらく、家を建てる時というのは、まだまだお子さんが小さく、お金がかかるとはいえ、決してそれほどの出費ではありません。家族みんなが同じ空間で過ごすため、光熱費も安く抑えられるし、食費だって、それほどかかるわけではありません。 また、遊びに行ける場所も限られることから、旅費や遊び代にも、それほどお金がかかるわけではありませんし、おもちゃや衣類に関しても、親御さんが買ってくれることが多いでしょうから、それほど大きな出費があるわけではありません。ですが、これらの費用は、子供の成長とともに、どんどんかさんでいくことになります。 当たり前ですが、食費はどんどん増えていきますよね?光熱費だって、自分の部屋を使うようになれば、個別で冷暖房を使うようになるので、一気に光熱費が跳ね上がるようになります。また、ここ最近では携帯電話を持つことが当たり前になりつつあるので、それを持たせただけでも、その負担が毎月増えることになりますよね?旅費や遊び代も、入場料を取られるようになっただけでも、ずいぶん費用負担がかわってくるようになりますしね。衣類代に関しても、例外ではありませんよね?小学生となれば、活発に動くようになるので、体操服や靴を定期的に購入しないといけなくなりますし、部活や運動などをさせるようになれば、それ用の服も必要になれば、道具だって必要になるので、これらの費用だけでも、決してバカになりません・・・という風に、どんどんふくらんでいきます。(大学生の子を持つ当社スタッフは「比じゃない!」と熱弁しています)それに伴って、あなたやあなたのパートナーの収入が毎年増えていっているのならまだしも、もし毎年横ばいだったとしたら?そして、突然車が故障するようなことになったとしたら?使っていた家電製品が故障してしまった、なんてことになってしまったら?そうですよね?そう考えると、もし可能であるならば、家づくりの予算を落とし、建てた後の暮らしにゆとりを持たせたいですよね?さらに、私たち世代においては、老後資金ということに関しても、かなり真剣に考えておく必要があります。なんせ、少子高齢化が進んでいっている中で、借金ばかりがどんどん膨らんでいる国からきちんと年金が支給される保証なんてないでしょうからね。ちなみに、そんなコトまで考えると、家なんて持てないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、老人になると、収入面への不安と死亡リスクから、賃貸住宅を貸してもらいにくくなるので、持ち家を持っておくことは非常に大切なことなので、家は早いうちに建てておいた方がいいんですよね。 少し話がそれましたが、建てた後の生活、それから老後のことを考えると、必要以上に、家づくりにお金をかけ過ぎるのは、決して賢明なことではないんですよね。というより、少しでもその出費を抑えることで、暮らしにゆとりを持たせるようにしていただくことが大切なんですよね。ということで、もしあなたがこれから家づくりをしようとお考えであれば、たとえ共働きで収入も問題なかったとしても、家づくりの予算については、一般論よりも少しシビアに考えていただければと思います。そして、必要最小限の予算の中で最大限の豊かさを得られるような家づくりをしていただければと思います。 それでは、、

contactお問い合わせはこちら